前へ
次へ

家庭教師で指導力を身につける

大学生の時に家庭教師のバイトをしようと考えた理由は、将来学校の教員になることを目標にしていたからです。
学校の教員になると生徒の前で毎日授業を教えなければなりません。
人前で話したりすることが当時は苦手だったこともあり、生徒にわかりやすく教える訓練だと考えて家庭教師のアルバイトに応募しました。
生徒は今風の女子中学生で、正直軽いジェネレーションギャップを感じつつも、女子中学生に勉強を教えるバイトがスタートしました。
週に2回ということで、数学と英語を教えることにしました。
大学では教育学部の数学科に所属しているので、数学は大の得意です。
しかしながら、生徒が全くやる気を見せないので、一方的な指導をやめて演習ばかりをさせるようになりました。
演習を終えなければ指導を受けることができないので、生徒もはじめは嫌々演習をしていましたが、徐々に問題がスラスラ解けるようになり、やる気を見せてくれるようになったのです。

Page Top